家財道具の搬入前に、気になる傷や汚れは写真にとっておく

退去を想定して生活しましょう

賃貸物件はアパートやマンション、一戸建てと選択肢が豊富なため、好みに合う住まいを探しやすいです。また、飽きてしまった時や他に魅力的な住まいを発見した時は、すぐに転居することができます。そのため、単身者や転勤が多い会社員にとっては、購入するよりも賃貸の方が使い勝手は良いでしょう。ファミリー層には、一戸建てやマンションを購入する前の住まいとして最適です。賃貸物件で生活する際に注意したいポイントは、退去を想定して生活することです。賃貸物件は契約を更新しない場合、退去しなければなりません。

その際は管理会社や大家による立ち会いがあり、室内の状態を見てもらいます。万が一、設備を壊したり、壁に穴を開けてしまったりといった場合は、修理費用を請求される可能性があります。ですから、余計な負担を増やさないために退去を想定しながら生活すべきです。

傷や汚れを探して写真を撮影しておく

退去時の負担を減らすためには、入居時に床や壁などの気になる傷や汚れを写真に残しておきましょう。入居時といっても、鍵をもらって初めて入室する時や荷物を運び終わった時など、タイミングは様々です。写真を撮影するベストな入居時のタイミングは、家財道具を搬入する前です。家財道具を搬入する前の室内は、引き渡してもらった際の状態です。ここで撮影した写真は、退去する時に管理人や大家と立ち合いをする場面で役に立ちます。たとえば、最初からあった傷や汚れを指摘された場合、家財道具を搬入する前の写真を見せることができれば、自分が原因ではないと説明可能です。写真の有無で退去時の負担を減らせる可能性があるので、必ず撮影しましょう。

© Copyright Comfortable Rental Life. All Rights Reserved.