入居してからは、小まめに掃除をする

汚れに気付いたらすぐに掃除するのがポイント

賃貸住宅での生活で心掛けるべき点は、汚れを最小限に防ぐことです。賃貸住宅の退去時には原状回復が不可欠だからです。あまりにも汚れがひどいと、退去時の敷金返還に影響することもでてきます。もちろん、生活上で発生する汚れのなかには、やむを得ないものもあります。しかし、汚れに気付いたときに掃除することで、付着した汚れを落とせる可能性も少なくありません。日々の生活に追われると、掃除が面倒になる場合もあるでしょう。また、汚れに慣れてくると、あまり気にしなくなるかもしれませんね。その結果、退去時に大変な思いをすることになります。もし、掃除が大変なら、キッチンへ行ったついでに1箇所という形で、ストレスを感じない程度に行うとよいでしょう。

退去時に慌てなくてもよいメリットも

賃貸住宅への入居後は、退去時を意識しながら生活することが大切です。入居期間が短い人はもちろんのこと、入居期間が長期に及ぶ人でも、いつかは退去する日がやってきます。引越し作業は思った以上に体力や気力を使います。そのため、引越しが決まってから掃除を始めるのは大変です。やはり、日頃からこまめに掃除をしておくと、退去時に慌てなくても済むでしょう。年末年始に大掃除をする人が多いですが、時期とは関係なく自分で掃除のタイミングを決めるとよいですね。特に、窓拭きなどは寒い時期に行うのではなく、気候が温暖な時期のほうがよいかもしれません。また、定期的にタンスや押入れなどを整理しておくと、退去時の荷造り作業の軽減にも役立ちます。

© Copyright Comfortable Rental Life. All Rights Reserved.