物件探しのポイント

家を借りるとなったら、まずは物件探しです。単に築年数や交通の利便性だけでなく、確認しておくべきポイントは色々あります。入居してから「こんな筈じゃなかった」と後悔しないために、しっかりチェックし、満足のいく家を借りましょう。

家具のレイアウトをイメージしつつ、コンセントの位置を確認する

近年は都市部を中心に賃貸物件が多く展開されています。このためどの物件が良いのか迷うことが多くあります。何も考えずに安易に物件を決めてしまいますと、当初抱いていたイメージと違いその後の生活に大きく支…

築年数の経っている物件は、水回りを入念にチェック

リフォーム後の部屋は綺麗で当然ですが、それでも落としきれない汚れというものがあるようです。特に材質のせいか、バスタブの汚れは確認が必要です。バスタブの底の部分の汚れもそうですが、淵の汚れは湯船につ…

国道沿いの物件にも注目!旭川の賃貸

旭川の賃貸を選ぶ際は、バス路線が充実している国道沿いを選ぶと高校・大学への通学に便利です。旭川駅方面へのアクセスも電車より良好です。

騒音に悩まされない為に、壁の厚さと大通りからの距離は必ず確認しよう

アパートとマンションでは壁の厚さが異なる

賃貸物件といえばアパートとマンションが良く知られています。明確な違いはないものの、アパートは木造2階建てが多く、マンションは鉄筋の3階建て以上が多いとされます。ただアパートでも鉄筋や鉄骨の2階建てなどもあり、中の設備はマンションと変わらない物件もあります。賃料が安く設定されているときもあり、あまり細かくチェックせずにアパートにしてしまうかも知れません。物件によって異なりますが、アパートとマンションでは壁の厚さが異なるとされます。アパートは薄めでマンションは厚めです。隣の音が気になりやすいならアパートよりもマンションの方がいいでしょう。物件によって多少差があるので、業者にそれぞれの物件の壁の厚さを確認しましょう。

物件と音の発生源の距離を調べる

賃貸物件を快適に利用しようとするなら、音の問題を解決しなければいけません。音が気になりだすと夜に寝られなかったり、居室でリラックスして過ごせなくなる可能性があります。地図を見ると一応物件と音の発生源の位置関係などが分かります。実際に下見をするとき、大通りや鉄道、その他音がしそうなところの位置を確認しておきましょう。昼間に実際に聞けばわかりそうですが、昼と夜とで音の聞こえ方が異なるときがあります。夜は結構小さい音でも気になりやすいです。他の物件と比較するなら、距離をチェックしておけば離れているかどうかの基準がわかります。もっと細かくチェックをするなら、夜や朝に下見をして音の様子をチェックすると良いでしょう。

入退去時に注意すべきポイント

家財道具の搬入前に、気になる傷や汚れは写真にとっておく

賃貸物件はアパートやマンション、一戸建てと選択肢が豊富なため、好みに合う住まいを探しやすいです。また、飽きてしまった時や他に魅力的な住まいを発見した時は、すぐに転居することができます。そのため、単…

入居してからは、小まめに掃除をする

賃貸住宅での生活で心掛けるべき点は、汚れを最小限に防ぐことです。賃貸住宅の退去時には原状回復が不可欠だからです。あまりにも汚れがひどいと、退去時の敷金返還に影響することもでてきます。もちろん、生活…

退去が決まったら、国土交通省発行の原状回復に関するガイドラインに目を通す

賃貸物件を利用するとき、不動産業者の宅建資格者から重要事項説明を受けます。契約書の内容の説明を受け、不明点などはその時に確認するようにしましょう。契約書に納得できればサインや印を押して契約成立…

© Copyright Comfortable Rental Life. All Rights Reserved.